川内原発再稼働で九電は黒字の見通しと言うが・・・

川内原発の再稼働により、九州電力がようやく黒字計上できるという見通しになりましたが、その安全性を疑問視する声は多いようです。その中には火山灰による原発事故の可能性を懸念する意見があり、下手をすると福島を遙かに上回る大惨事になる恐れがあると言います。火山灰が積もると停電になるし、非常用発電機も火山灰で停止してしまうと言うのです。そうなるともう、なすすべがなく、放射性物質は偏西風に乗って日本全国に広まっていくという最悪のシナリオが描けてしまいます。こう言われると一刻も早く川内原発を止めなければと思えてきます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL