介護施設で起こっていること

川崎の老人ホームで2014年に起きた入所者の相次ぐ転落死で、元職員が殺人容疑で逮捕されたと報道され、衝撃が走りました。背景にあるのは、介護職員の過酷な労働条件、低賃金、人手不足、そしてこれらの悪循環があることは間違いありません。こういう状況を早急に改善する手段として、厚生労働省の職員には一定期間、介護施設で働く義務を負わせるのはどうかという意見もあるようですが、これは名案だと思いました。人手不足解消と現場の実態理解ができ、正に一石二鳥です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL