自動ブレーキの普及が拡大

自動ブレーキの普及がかなり拡大してきたようです。低コスト化により登載車が小型車や軽自動車などに広がったためで、購入者の装着率はトヨタ自動車製で7割に上っているそうです。ある調査によると、自動ブレーキの登載車は非登載車に比べて車同士の事故が8割、歩行者事故が5割ほど減少したというデータがあるということで、実際にかなりの事故軽減効果が出ているようです。自動ブレーキが標準装備になるのも時間の問題だと思いました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL