御嶽山の噴火前の地震の特徴が判明

多数の犠牲者が出た、2014年9月の御嶽山噴火で、噴火前の火山活動の活性化で引き起こされた地震の特徴が判明したそうです。この「火山性地震」を継続的に観測するなどして噴火との関係を解明できれば、将来、噴火予測につながる可能性があるということです。昨今の登山ブームで山が賑わう一方で、いつ噴火するかわからないという恐怖が常に付きまとっていましたし、正確な噴火予想ができれば、数多くの命を救うことにもなりますので、ぜひ解明してもらいたいと思いました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL