日本経済の停滞の悪循環を断ち切るには

日本経済が停滞色を強めている背景には、海外経済力の回復力の弱さ、世界の金融市場の混乱が収束しないことがあると言われています。しかし株安・円高への急速な進行が企業・家計心理の悪化を招き、価格・賃金の引き上げを断念させていることが停滞感を強めているという見方があります。つまり日本経済の成長期待が低いために、企業・家計の行動が委縮し、それ自体が成長期待をさらに低下させるという悪事循環に陥っていると言います。それを断ち切るためにはやはり、政府が成長戦略を具体的に次々と打ち出して行く必要があるでしょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL