若い頃に苦労する大切さ。

覚せい剤の罪で捕まった、元プロ野球選手の清原。
最近、毎晩のように夜泣いているとか。
強そうな外見とは違い、とてもメンタル面が弱いなと感じます。
そもそも薬を使う人は、弱いから使うのだと思います。
人生、誰でも悩みの一つや二つ必ずあります。
明るくて悩みのなさそうな人ほど、過酷な現実だったりもします。
いくら大きな壁にぶち当たっても、逃げてばかりいては何の解決にもなりません。
逃げたくても我慢するからこそ、人は強くなっていきます。
清原は野球の才能がありすぎたのが、不幸だったのかもしれません。
才能がある人は困難にぶち当たる事が少ないので苦労をしなかったのでしょう。
若いうちに苦労は沢山した方が後々、人生がラクになるのではないかと思いました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL