二つの食物繊維を使い分けよう

腸内環境を調えるためには、食物繊維の摂取が大事だと言われていますよね。
でも、便秘に悩んでいる時の食物繊維摂取には注意が必要なんです。
なぜなら、食物繊維には2種類あって、それぞれ役割が違うからです。

食物繊維には、水溶性と不溶性があります。
水溶性食物繊維は、水に溶けるので、便を柔らかくする作用があります。
生で食べられる水分の多い野菜や果物に多く含まれると覚えておきましょう。
不溶性食物繊維は、水を吸収し、便の嵩を増やします。
大豆やきのこ類など、火を通して食べる食材に多く含まれます。

便秘の時に注意が必要なのは、不溶性食物繊維です。
便の排出が滞っている腸内に、不溶性食物繊維を取り入れても、お腹が膨らんでしまうだけです。
便秘に悩んでいる時は、便の排出を促してくれる水溶性食物繊維を多く取り入れましょう。
不溶性食物繊維が活躍してくれるのは、便の排出が促されてからですよ。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL